スタッフ紹介:舟川千亜紀

舟川千亜紀プロフィール画像はじめまして。
サロンエキュラスタッフ舟川千亜紀(ふなかわちあき)です。

エステティシャンを目指すきっかけとなったのは、自分自身が『ブライダルエステ』に通っていた26歳の時。
※サロンエキュラではない他のお店でした。

仕事にプライベート、結婚式の準備もあり、バタバタな毎日を過ごしていた私は、心身ともに疲れきっていました。

そんな中、エステを受ける時間だけは私にとって特別な時間。

綺麗を目指すのはもちろん、心からも癒されて気持ちもリセットされました。

「エステティシャンってお肌だけではなく、体や心までも綺麗に導いてくれるお仕事なんだ」
と強く興味をもったのがはじまりです。
 
そして、29歳の時「エステティシャンになりたい!」という夢を諦められず、エステティシャンを目指すことを決心しました。

知識と技術を学ぶためのスクールを探していたところ、地元の黒部にあるサロンエキュラとオーナーの金森先生に出会いました。先生のエステティシャンとしての勉強熱心なところや、お客様ひとりひとりに対して親身になって接する姿に心を打たれ、私もそんなエステティシャンになりたいと思い、エキュラのスクールで学ぶことを決めました。

技術や知識だけではない、エステティシャンとしての大切なこと

スクールに通っている間、エステの技術や知識だけではなく、もう一つ大切なことを学びました。

実は私は、10代の頃から「ニキビ」に悩まされていました。

その頃は、数々のお化粧品を使用したり皮膚科でお薬をもらって治療しましたが、ニキビを根本的に治すことはできず、治ったと思ったらまた出来るの繰り返しでした。

改善にほぼ諦めかけていた私ですが、定期的にお肌の状態を確認して、何度もお手入れ方法を見直したり、生活習慣や食生活までもアドバイスをして下さったり…改善するまで約1年くらいかかりましたが、少しずつ目に見えてお肌が変わっていくのがわかり、周囲からも「肌キレイになったね!」と言ってもらえました。

そこでようやく「自分自身の本当のお肌と向き合うことの大切さ」に気づいたのです。

そう気づけたのも、エステティシャンが親身になって接して下さる姿勢があったからこそだと思います。

今度は私が、お客様に喜びや嬉しさを伝える番です。

かつて施術される側だった私が、今ではサロンエキュラのスタッフとして施術する立場となりました。

ご来店されるお客様の中でも私と同じような肌悩みをお持ちの方がたくさんいらっしゃいます。

  • 「少しずつお肌が変わってきた!」
  • 「ここに来ると、美意識が高まる!」
  • 「特別感があって、心の底から癒される!」
  • 「舟川さんに会いにきたよ!」

そんな言葉が聞きたいです。

お客様の悩みに「共感」し、それに対しての改善方法を一緒に考えていくことでお客様とエステティシャンとが二人三脚で一緒に頑張れる。そんな信頼関係をつくりだすことができるサロンを目指すため、日々研鑽を積んでいます。


舟川千亜紀 -1985.10.15-

高校卒業後、愛知県岡崎女子短期大学の人間福祉学科を卒業し介護福祉士の資格を取得。
特別養護老人施設で7年間勤務する。
サロンエキュラのオールハンドスパアカデミースクールに通い、フェイシャル、ボディのリンパドレナージュとデトックストリートメントを学ぶ。
2016.6月より、サロンエキュラでエステティシャンとして勤務

オーナープロフィールはこちら

ご予約・お問い合わせはこちら

PAGE TOP